Skip to content

当ブログについて

映画が世界で初めて上映されたのは1895年、場所はパリだったのを、ご存知でしたか?映画は思ったよりも長い歴史があるのですね。現代では技術が進化し、当時の人が思いもよらなかったようなことが実現しています。数百年後には、超現実的なホログラフィー映画が実現しているかもしれません。そして、21世紀が懐かしい技術の時代として回顧されているかもしれません…おっと、少々脱線してしまったようですが、本題に戻りましょう!

良い映画の要素とは何なのか、私は考えを巡らせていました。面白さとは…?驚異の特殊技術って?あらすじは?…そして、結果的には、どんな作品をいいと思うかは千差万別だという結論に至りました。それでも、多くの人が合意できる要素はあるはずです。映画ファンであれば、面白いストーリーや登場人物の描き方、細部へのこだわり、それに映画自体の構成が気に入って、大好きになることもあるでしょう。

edo-girl
Back to top