映画の中のギャンブルの歴史

個人的には映画館で映画が再び見られるようになって嬉しく思っています。皆さんはどうですか?映画にはたくさんのジャンルがあり、技術は進化し、特殊効果もより素晴らしくなっています(特にマーベル作品)。素晴らしい俳優や女優も次々と出てきますよね。

映画の原型と言えば、演劇でしょう。人類が初めて劇を演じようと思ったときからどれだけの時が流れたのでしょう?芝居は常に愛されてきましたが、ギャンブルもまたしかりです。また、今ではギャンブルがテーマの映画がたくさんあります。映画業界でカジノの人気が高い別の理由は、「カジノ」という言葉がお金と密接に関連していることです。お金のあるところにはアクションがあるのです。マフィアや犯罪などが映画監督に尽きることのないインスピレーションを与えています!

観る価値のある作品がたくさんあるのに、それに触れないまま映画とギャンブルについて話すなんてもったいない!カジノやギャンブルをテーマにした映画をご紹介します。どれかひとつくらいは気に入っていただけたらいいなと思います。

  • のるかそるか – 1989
  • モリーズ・ゲーム – 2017
  • アトランティック・シティ – 1980
  • スティング – 1973
  • ザ・クーラー – 2003
  • ラッキー・ユー – 2007
  • ベガス・バケーション – 1997
  • カジノ – 1995
  • エイトメン・アウト – 1988
  • ラウンダーズ – 1998
  • ハードエイト – 1996
  • ジャックポット – 1974
  • 007 カジノ・ロワイヤル – 2006
  • オーシャンズ11 – 2001

この記事だけですべてをリストアップすることはできませんが、こうした映画に惹かれる理由は一体どこにあるのでしょうか?私は大学で心理学を専攻したわけではありません。でも少しでも耳を傾けていただけるなら、ちょっと意見を述べてみたいと思います。すなわち、映画は優れた教材になるのです。

主人公が賭け事で大金を手にした後、借金や脅迫などの大きなトラブルに見舞われるという映画を観たことはありませんか?すべてつくり話であることは理解しながらも、それぞれの作品に一定の現実が含まれています。そんな状況を自分に当てはめてみると、そうした人生の顛末を知ることができます。そして、無謀なギャンブルや大金を賭けることを思いとどまるのです。

映画の大部分はフィクションですが、現実に基づいた作品も多く、実際に起きたことが語られています。世界は本当に奇妙な場所ですよね…。普通の人は、1000万ドルという大金がどんなものか想像すらできないでしょう。そうした状況を再現した作品を観るのは楽しいものです。それほどの富を手にした人物のその後を見るのは、もっと興味深いでしょう。幸せになるのに本当にそれほどの大金が必要なのでしょうか?アドレナリンが出るような賭け方にそれだけの価値はあるのでしょうか?私には判断できませんが、人として、様々な話題について考え、話し、結論を出す機会がたくさんありますよね。

さて、皆さんはギャンブルについてどう思いますか?ギャンブルを完全に禁止したら精神面で悪い影響があるのか、それともその反対の影響があるのでしょうか?国が利益を得られるような方法でギャンブルをできる限り安全に規制することは可能なのか?違法ギャンブルを完全に根絶することはできるのか?…答えはすぐには出ないかも知れませんが、将来的に結論が出る日が来ることでしょう。